愛媛に特化した、地元を応援する転職サイトswitch agent

ご相談・お問い合わせはこちらから
受付時間 月〜金 10:00〜19:00
089-992-9600

転職の流れflow

転職活動を始める前に、転職活動の流れを理解しておきましょう。

  • Step01 準備
  • Step02 求人情報収集
  • Step03 応募
  • Step04 面接
  • Step05 内定
  • Step06 退職調整
  • Step07 入社

Step 01準備

転職は人生の大きな転機であり、その後の生活が変わるのですから、しっかり準備をして臨みましょう。

目的を明確にする

現状の不満から「逃げる」ための転職ではなく、5年、10年後をイメージし「こう在りたい」という姿を明確にすることが大切です。何のために転職するのか明確にしましょう。

計画を立てる

(1)希望転職時期を明確にする。(2)現職での退職規定(就業規則)の確認をする。(3)金銭的な目処をつける。などの具体的な計画を立てましょう。

在職中に転職活動をされることをお勧めします。

キャリアの棚卸しをする

「何をやってきたか」「何ができるのか」「どう活かせるか」を整理し、「自分の強み」と「やりたいこと」を明確にしましょう。

(1)職務経験(その中での役割や専門技術、実績、評価などを時系列で振り返る)
(2)職務経験の中で特に実績を上げた業務について振り返る
(なぜ実績を上げたのか、具体的にどのようなことを行ったのか)

「やりたいこと」を考える前に、「何をやってきたか」「何ができるのか」を考える事で自身の強みと職務傾向が見えてきます。それを元に何がしたいかを考えていくと「何がしたいのか分からない」といった壁にぶつかることも少ないのではないかと思います。

履歴書・職務経歴書を作成する

採用担当者に「会ってみたい」と興味を持ってもらえるないようになっていますか?

履歴書は、所定のフォーマットがありますのでそちらに記載いただきます。
職務経歴書は、これまでの職務や役割、どのような事が出来るのか、また採用したらどのようなメリットがあるのかなど採用担当者が見た時に一目で分かる内容にしましょう。

提出書類は、担当エージェントがアドバイスさせていただきながら作成しますのでご相談ください。

家族の理解を得る

勤務地変更による転居、子供の転校、収入の減少等、家族に及ぶ影響は多数あります。

転職活動を始める前に家族とよく相談して、理解・同意を得ておきましょう。
勤務地の範囲(転勤の有無)、年収額の範囲や転職期間(退職してどれくらいで入社しなければならないか)

在職中にご相談にお越しいただき、転職の現状や求人の状況を確認し、それを持ち帰ってご家族で話し合われることをお勧めいたします。

Step 02求人情報収集

インターネット(求人サイト)、求人誌、職業紹介会社、ハローワークなどを利用し、積極的に求人を探しましょう。

先ず自身が希望する地域にどれくらい求人があるのか。また、自身の希望する職種はどれくらいあるのか。などを検索し、その後、1社1社の詳細情報を見ていきましょう。非公開の求人などもありますので、専門のエージェントに相談し自身に合った求人探しを相談してください。

Step 03応募

興味のある求人には積極的に応募し、書類選考に通過したら、必ず面接を受験しましょう。

U・Iターンや在職中の方の場合、交通費の負担や時間調整など難しい場合もありますが、応募企業のことを正しく理解するためには、直接会って話しを聴くことが重要です。面接時に初めて理解できることも多いですので、必ず面接を受けることをお勧めします。

弊社コンサルタントより紹介した求人企業へ応募を希望される場合は、コンサルタントが応募者と求人企業を仲介し、様々なご相談から面接日の調整までいたします。

Step 04面接

「企業側が応募者を見定める場」と思われがちですが、「応募者・企業ともお互いがマッチするかを確認する場」です。

第一印象を大切にする

清潔感、笑顔、丁寧で元気な挨拶が好印象につながります。

事前調査、事前準備はしっかりとする

企業研究を十分に行い、対象企業だけではなく、業界の動向なども頭に入れておきましょう。
特に仕事内容は具体的なイメージができるまで確認することが大切です。
一次面接では、給与等の待遇よりも、仕事内容や会社について質問されるのが望ましいです。
また、面接会場へは10分前には到着し、5分前までには受付ができるよう事前に時間を確保しておきましょう。遅刻は厳禁ですが、到着が早すぎるのも失礼にあたります。

自己アピールをまとめる

企業が重視するポイントは、以下の2点です。
(1)「どのような形で即戦力として貢献してくれるか
(2)「一緒に働きたいと思える人か」
これまでの業務経験を分かりやすくまとめ、即戦力としてのイメージが伝わるようにアピールしましょう。また、経験的に不足する点については、努力してスキルを吸収し、すぐ戦力になれるという謙虚な姿勢を忘れずに伝えましょう。

転職理由・志望動機の確認をする

入社後の姿をイメージされる重要な質問です。自分の言葉で熱意を伝えましょう。転職理由は変に意識をセず、正直且つ前向きに伝えましょう。但し、現状(現職)の不満を述べるのは厳禁です。
志望動機は業種や職種の志望ではなく、「何故この会社に入社したいのか」ということを明確にして伝えましょう。

弊社コンサルタントより、各企業、職種ごとの面接のポイントなどアドバイスいたします。

Step 05内定

雇用条件は、書面で提示を受けましょう。トラブル防止に繋がります。

「内定通知書」を受け取ったら、内容を確認し、一両日中に返事をします。何らかの事情で返事が遅れる場合は、企業側に理由を伝え相談する必要があります。また、やむを得ず内定を辞退する場合は、誠意を持って速やかに連絡しましょう。

弊社コンサルタントが入社日の調整、関連する相談、辞退の連絡等、あなたに変わって企業側と調整をいたします。

Step 06退職手続き

時期や状況を考慮し、お世話になった会社(上司・同僚・取引先)への影響を最小限にして退職しましょう。
そして、家族への影響にも配慮しましょう。

内定先企業の本音として、「あなたに一日も早く来てほしい」という思いがあります。「一日も早く…」という企業の本音を考慮したスケジューリングをしましょう。

内定から入社まで企業が猶予できる平均的な期間は?(有給休暇を含みます)
引越し有りの場合/2ヶ月以内 引越しなしの場合/1ヶ月程度 ※内定後に退職調整をする場合

Step 07入社

新たな職場でのスタートです。

新人であるという謙虚さを忘れず、自信を持って新たな気持ちで頑張っていきましょう。